スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

News

FUKUOKA RINJI Experimental Factory Vol.4

FUKUOKA RINJI Experimental Factory Vol.4
「充実身体 – 折り重ねの虚体」
3年振りの福岡林嗣主宰実験工房
破砕と打撃、身体=呼吸の礫を放射する3アーティスト共演!
MARCH 22, 2019 (FRI) @Ogikubo club Doctor
open 19:00 start19:30 adv 2500 yen door 2800yen

Tamio Shiraishi & K.Mical.Mico
白石民夫(alto sax)&K.Mical.Mico(melodica, etc)
pro et contra
プロとコントラ (福岡林嗣, ルイス稲毛, イツロウ1×2_6, 中屋浩市)
Keiko Higuchi & Yasumune Morishige
ヒグチケイコ(voice, etc) &森重靖宗(cello)


打撃せよ!破砕せよ!そして呼吸の礫をばら捲き散らせよ!
70兆の細胞、中心化された脳 (Oh No !) 階層分化した諸器官の窒息平面向けて。
最後の標的、最後の植民地へ向けて。
分解しても分解しても「剰余価値」の流れは、そこ「身体」を覆いつくそうとするだろう。
最早闘いの場は「工場」ではない。
コールセンターの脳内リゾート、或は悪夢のAIリゾーム?
「主体」の幻想とサイバネティックス、二進法と数量化の果て、21世紀の「愛欲人民」転じた夜のプロレタリアートならぬ夜のマルチテュード達よ、叩きのめし逃走せよ!それこそが闘争でもあろう。
「なるなヤクザに」?
いや、そして今こそ肉体のヤクザ者「器官なき身体」の舞踏者、放蕩者に生成しようではないか。
3年振りとなる福岡林嗣実験工房Vol4は、ニューヨークから白石民夫氏、京都からK-mical-Mico氏をお招きし、東京からはヒグチケイコ氏と森重靖宗氏duoに参加頂く。そして我がプロとコントラ。我々の所作と呼吸の「実験」に是非共お立ち会い下さい。


白石民夫: 970代後半 演奏活動を開始。 多くのミュージシャン(灰野敬二などを含む、パフォーマンスアートも含む)と、吉祥寺の「マイナー」にて共演する。 1980年代 演劇集団「ホモフィクタス」に参加。 舞踏・パフォーマンスアートとの共演も行う。 1990年 米国にて。「ABC No Rio」(N…

最新の投稿

pro et contra / ST 20 MAY, 2018 ON SALE